努力は強制されるものじゃない

ひとりごと・報告

こんにちは!
管理人ぺち、ことちひろです。

今日は管理人が「ぺちノート」に工夫を載せることについて、お話ししようと思います。

管理人が工夫を載せることは一歩間違えれば、生きづらさに苦しむ人々に
「努力しろ」
と言っているようにとらえられるのではないか、と最近危惧しておりました。

ですが、決して努力は人に強要されるものではありません。

今回の記事では管理人がこのブログで工夫をアップする理由についてお話します。

努力するのは誰のため?

努力は強制されるものじゃありません。

自分が頑張りたいから、少しでも生きやすくなりたいから、自分のために努力するんです。
受け入れない社会のために努力するんじゃありません。
大切な自分のために努力するんです。

だから、周囲が「努力でなんとかなるんだろ?」というのは違います。

血の滲むような努力をしても出来ないことは誰にでもあります。

勉強で学年トップになる
大会で優勝する
水の中で10分息をとめる
100メートル10秒で走る

もし、チームスポーツで1番強い人が、
「お前なんでそんなに下手なの?努力しろよ」
なんて言った日には周囲はすごく機嫌が悪くなるでしょう?

努力で全てなんとかなるわけじゃないことをみなさん痛感してるはずです。

それでも努力するのは、自分が強くなりたいから、出来るようになりたいから、ですよ。

周囲が強制するものじゃないんです。
何を努力するかはあなたが選んでいいんです。

走る努力をしたくないなら陸上から離れればいい
絵を描くのが好きじゃないなら描かなければいい
自分を否定されるのが苦しいなら肯定してくれるとこに行けばいい

管理人の言うことは極論なんだと思います。
ただ、努力を勝手に押し付けられることで出来ない自分を責めなくていいんです。
理不尽なこと言ってるのは向こうですから。

腹立つ上司のために努力しなくていいんです。
無茶しか言わない会社のために努力しなくていいんです。

努力することは、あなたが選んでいいんです。

 

管理人が工夫を紹介する理由

管理人がブログに工夫を載せている理由は、生きづらい環境に無理に順応するためじゃありません。

自分が生きやすくなるため、自分が好きなことを出来るようになるため、そのために紹介しています。

みなさんが好きなことを自信を持って楽しめるように、心地よい努力が出来るようにと管理人は自分が工夫したことを載せています。

出来ないこと、やりたくないことはそこそこでいいんです。
ただ、出来ないけど、どうしてもなんとかしたいこともあると思うんです。

そんな方が、少しでも絶望しないですむように、絶望が小さくなるように、そんな気持ちで載せています。

挨拶

この記事は、このブログを読んだ方が
「このうえまだ努力を強いるのか!」
と絶望しないですむように

「努力はあなたが選ぶんですよ」
というメッセージを込めて書きました。

ここまで読んでいただきありがとうございます☆

  拍手〇回目から管理人の秘密が…!

 

ランキング

リンクをクリックすると発達障害について扱ったブログが登録されているランキングサイト様のページが開きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ