メモをなくす方に

スケジュール・マネジメント, 生きづらさと対策

メモをなくす方に

こんにちは!
管理人ぺち、ことちひろです。

せっかくとったメモをなくす方、発達障害の方は多いですよね?
管理人もそうでした。

ところが現在、メモを全くと言っていいほど紛失しなくなりました!

なぜか、メモを一ヶ所に集める習慣がついたからなんですね。
今回はそのことについて記事をかきます。

スケジュール帳に取り付ける

これです。持ち歩くものに取り付けるんです。

スマホでメモをされる方いらっしゃると思いますが、やはり紙にメモをする機会もあります。
そして、そういう時、普段電子媒体でメモする習慣があると紙のメモを管理するシステムが整っていないことでなくします。

そこで、管理人は普段持ち歩くものに取り付けるという方法を提案します。

管理人の場合はスケジュール帳……管理人流GTDツールなのですが、GTDまでする元気もやる気も体力もないという方、たくさんいらっしゃるだろうと思います。

そこで、管理人がもっとも助かっている「メモをなくさない」というポイントに絞って紹介しています。

ついこの間紹介したばかりですが、このようなホックケースを手帳の表紙に両面テープで貼り付けるだけでメモboxの完成です。

スケジュール帳などを持ち歩かない方は、ポーチ付きのポケットティッシュカバーなどがありますのでそういうものにメモを入れてもいいかもしれませんね。

ただ、上で紹介したホックケースだと小さすぎるので、単体で持ち歩く場合ケースそのものをなくしてしまう方は、いっそA5サイズぐらいのホックケースやインデックスファイル、ドキュメントboxなどでもいいかもしれません。

目的はメモをなくさないことです。

常にメモを一ヶ所に集めるようにするとメモがなくなりません。

メモ帳そのものはたくさんあってもいいんです。
書いたメモを一ヶ所に集めれば問題ありません。

ただ、メモを集めるboxは常に持ち歩くものがおすすめです。小さすぎると紛失しやすいので、A5サイズ以上のものに貼り付けるか、boxそのものをA5サイズ以上のものにするかをおすすめします。

挨拶

それでは今回の記事はここまでです。

せっかく書いたメモ、なくしたらがっかりしちゃいますよね。

管理人は常に一ヶ所に集めるようになって、メモがなくなるということがなくなりました。
もちろん、メモが増えすぎると管理が大変になるので、管理システムも必要になってきます。

そんな状態になった方は、管理人が以前書いた記事なども参考にしてみてくださいね。
ADHDの頭の多動を整理~GTDシステムの提案~
ADHDの頭の多動を整理~GTD-②~

あくまで提案ですので、あなたが使いやすいように改良してくださいね。
目的は自分が生きやすくなることでするから(^人^)

それでは、今日もありがとうございました☆

  拍手〇回目から管理人の秘密が…!

 

ランキング

リンクをクリックすると発達障害について扱ったブログが登録されているランキングサイト様のページが開きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ