ADHDの波~お休みデー~

生きづらさと対策, 活動期・非活動期

ADHDの波 ~お休みデー~

こんにちは!
管理人ぺち、ことちひろです。
今日の記事はADHDの活動の波についてです。
まるで双極性のような症状…管理人は中学生の頃から10年近くたった今でもこれに悩まされ、継続した活動が出来ません。

活動期・非活動期とはなにか?

いきなり活動期・非活動期など管理人のオリジナルの名前で呼ばれても「なんのことやら?」となると思います。
そこで、言葉で説明するよりも図のほうが分かりやすいだろう、と管理人が下手ながら図を描いたのでご覧ください。

図のとおりです!
…これだけじゃあんまりなので補足しますと、例えば、9月、10月が活動期だったとして11月、12月が非活動期になる…といった具合ですね。
ちなみに活動期、非活動期ってどんな状態なの?というと、

活動期:多動
非活動期:寝たきり

ですね。
もちろん個人差はありますよ?
活動期と非活動期の差がほとんどない方(つまり問題化してない方)もいらっしゃいますし、管理人のように活動期は毎日のように外出して、非活動期は一日23時間も布団の中という方もいらっしゃるでしょう。
仲間ですね!
え?嬉しくない?
いやいやいや、自分と同じような人がいるとちょっと安心しませんか?
もちろん問題は解決していないのですが…(;^_^A

では、ここから記事のタイトルにある「お休みデー」ということについてお話ししますね。

お休みデー

管理人もADHDの活動の波にはさんざん悩まされています。
注意の切り替えとともに、相談機関ではこの二つしかしていないかのような管理人の目下の悩みです。
いま、管理人は活動期の真っ最中なのですが、今回の活動期、最高記録更新中なんですよ!といっても二ヵ月超えたぐらいなんですけどね。
管理人にとっては中学生時代からの記録を更新中の真っただ中なんです。ヒャッホーイなんです!

…落ち着きます。
何が違うかというと、「お休みデー」というものを設けたことなんですね。
この「お休みデー」とはなんぞや?と言いますと、

お休みデー=定期的に活動期にお休みの日を設けること

です。
え?それだけ?
と思いますよね。でもこれが大切なんです。
自分が疲れないお休みの取り方を分かってなかったんです。管理人は。

活動期って多動なんですよ。
そして非活動期に動けない分、今しかないと焦りに突き動かされてたくさん活動しちゃうんです。
焦りが強すぎて活動期にお休みデーをとれずに終わった期間もありました。
非活動期を活動期に近づければいい、という発想をしたこともありました。
(その結果、活動期がしばらく来ませんでした)

お休みデーを作ればいいってわかってても休めない…
という方いらっしゃると思います。
これに対しての工夫も管理人が試した範囲で、うまくいったもの、いかなかったもの含めて紹介しようと思います。
何が自分に合うかはそれぞれですからね。

ただ、今回の記事にそこまで書くと頭の中がわちゃわちゃしてくるかもしれませんので、ここまでで終わろうと思います。


長々とありがとうございました。
近いうちに、お休みデーのお休みの仕方について記事を書こうと思っています。
「どうやって休むんだ!」
という悩みを抱えている方、楽しみにしてください(^人^)

【今日の言いたいこと】

お休みデー:活動期に定期的に一日休む日を作ろう!

 

  拍手〇回目から管理人の秘密が…!

 

ランキング

リンクをクリックすると発達障害について扱ったブログが登録されているランキングサイト様のページが開きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ